出で立ちの理由~バンダナの用途

ようちえん【そらまめ】の人たちは、結構な確率でこんなちょっとヘン?!な出で立ちをしています。

b0211925_23521958.jpg



頭に帽子だけじゃなくてバンダナや手拭いをかぶってるの。

こんな感じのときもある。
b0211925_23093119.jpg


b0211925_23093684.jpg



これ、もともとは虫除けのためのもの。
特に毛虫の被害を減らすためにつけるようにしているもので、バンダナを首もとに巻くのが正統派です。
b0211925_23094095.jpg



ではバンダナ邪道派?!のヘンな出で立ちは何かと言いますと。


①蜂対策

スズメバチなどの蜂は、天敵の熊とカンチガイしてか、黒色を攻撃する習性があります。
黒といえば髪の毛ですよね。
髪の毛を隠さなきゃ!!ということで、帽子の下にバンダナや手拭いを仕込んで防御を万全に…ということらしいです。


②ごっこ遊び

お姫さまになりたーい❤というのが、女子ならば誰にでも共通の願望ではないでしょうか。
男子とも対等に遊び、泥んこになって崖をのぼったりおりたり、急な下り坂を駆け下りたりと、かなりアクティブなまめとっこの女子たちですが、やっぱりお姫さまには憧れるようで。
バンダナを写真2・3枚目のようにかぶることで髪の毛の色を変え、お姫さまに変身しています。
バンダナを帽子に結んで長く垂らして、長い髪の毛を演出するバリエーションもあり。
気分が盛り上がるようで、とっても楽しそう。
私も入れてもらいたい。
(おじいさん役とかしか回ってこない)



ようちえん児そらまめの子たちは、おもちゃや遊具などはない中で毎日過ごしています。
また、持ち物は自分が背負えるリュックだけ。重くなると背負えないですし、手提げなどを持つと手が塞がってしまい遊べないしいざというとき身を守れないので、過剰な装備はありません。
そんな中で、自分の持っているものや周りにある草木などをいろんなかたちで駆使して工夫を凝らして遊びを無限に創り出していきます。
ないものに目を向けるのではなく、あるものに目を向けるのが本当に自然に身についていて、この感覚や姿勢はたぶん人生を楽しくしてくれるんじゃないかな、と思います。


バンダナからの子ども考でした♪


(文・写真:代表ちほっち)



広島市安佐南区・西区の森で活動中!
「お母さんである私」を大切に思えるようになる共同保育型ようちえん

森のようちえん まめとっこ


★イベント情報★

●7/18(火)親子組さやまめ体験説明会
親子で週一森のようちえん♪ 9月からの会員募集
http://mametokko.exblog.jp/26918699/
●まめとっこのおさんぽ会
7/21(金)思いっきり沢遊び!
http://mametokko.exblog.jp/26955379/
●2017年度おさんぽ会年間計画はこちら!
http://mametokko.exblog.jp/26853452/

★まめとっこメディア★
◆団体の理念や概要が知りたい
 →森のようちえん まめとっこホームページへ
 http://mametokko.jimdo.com/
 ようちえん(年少~年長対象/月~木曜日開園)
 親子組(1歳~未就園児親子対象/火曜日開催)
 おさんぽ会(0歳から参加できる月1回の自然体験イベント)展開中!

◆まめとっこの日常をのぞいてみたい
 →Facebookページ  いいね!してね☆
 https://www.facebook.com/mametokko/

◆まめとっこのイベントに参加したい
 →おさんぽ会、親子組入会説明会などなどの募集開始を知らせるイベントメール登録はこちら!
 http://mametokko.exblog.jp/24701904/

◆まめとっこにスタッフとして参加したい
 →保育スタッフ・サポートスタッフ募集のページへ
 https://mametokko.jimdo.com/top/スタッフ募集/

[PR]
トラックバックURL : https://mametokko.exblog.jp/tb/26983720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mametokko | 2017-07-10 23:49 | *2016 そらまめ(ようちえん) | Trackback | Comments(0)

広島市安佐南区・西区の森や畑がまるごと園舎!共同保育の森のようちえんです。園児・スタッフ募集中!


by mametokko