1/24 雑煮づくり

雪です。寒い!
私の住む戸山は雪がどんどこ降ってきます。

さて、まめとっこ。1月最初の野外料理はお雑煮をつくりました。
野菜と調味料とお餅と☆ワクワク☆を持ち寄りましたよん。

今回から、母の産休にともなってしばらくお休みしていたSTが久々の復帰!
お腹にいた頃からまめとっこに来ていて、夏に生まれたKくん、
ぷっくら大きくなっていました。かわいい~!
そして、先週の焼き芋の日に続いて、2歳児のSちゃん親子が体験に来てくださいました。

久々メンバーやはじめての顔がチラホラということもあって
朝の会ではいつもと違った様子の子もいましたが(なんだか愛おしさが増します~!)、
「火をやりたい人!」「野菜を切りたい人!」に分かれて持ち場についてからは
それぞれ真剣なまなざしで料理に取り組みました。

b0211925_23133966.jpg
b0211925_23243961.jpg
「火をやりたい人!」のST。
一斗缶ロケットストーブの焚口に小枝と杉の葉っぱをつめて、マッチをすります。
最初の一本めは、そーっとすったものだからマッチに火はつきませんでしたが、
これで火がついたと思っているSTは、(大人が見ると火のついていない)マッチを
小枝や杉の葉にそーっとくっつけて、火がつくのを待ちました。愛おしすぎる(涙)
これでイメトレがばっちりできたのか!?三本めで見事着火!
その後ももう一つのロケットストーブに火をつけて、薪をくべて火のお世話に熱中しました。

慎重派で、大人や他の子の後ろからその場の様子を把握してから動くことの多かったSTが、
しばらくのお休みと、それからきっと「お兄ちゃん」になる経験を経て、
自分の意思でどんどん動き、友達や大人とかかわる姿に大きな成長を感じました☆


b0211925_23265753.jpg
こちらは野菜トントン組。
聖護院大根、人参、小松菜、ネギ、高野豆腐、えのき、だしをとった昆布に椎茸、ゆずの皮。
何でも来い!の職人肌の頼もしい3人。
2歳児のYちゃんは、夢中になるあまり!?ときおり包丁の持ち方が変わってしまって
みねじゃなくて刃のほうに手のひらをあてていたり、手の上で野菜を切ろうとしたり^^;
見ている大人が(特にお母さんが^^)ヒヤヒヤ~。指を少し切りましたが、これも経験。
本人、しばらくは血が出たことに気づかず、野菜を切り続けました。
4歳児のAくんと2歳児のMくんは、さすがの包丁さばきでした。
最初はここにいて、聖護院大根の皮をむいていた4歳児のHくん。すぐに離脱して薪の小枝を神楽の棒に見立てて踊り狂ったり、STと追いかけっこをしていましたが、後半ハタと気づき野菜を切る仕事に戻って、鍋に野菜を運んだりしていました。^^
体験のSちゃんは、火のお世話をしにきてくれたり野菜トントン組を見学していましたよ。
b0211925_2346551.jpg

持ち寄ったお餅もプク~ッとこんがり焼けて、野菜の甘みたっぷりのお雑煮の完成~!!!
大きな声で「いただきまーす!」。
おいし~いお雑煮をみんなで食べて(いっぱいおかわりしたね!)、幸せな新年の1日でした。
b0211925_23463229.jpg
明日はまめとっこ菜園での活動です☆ 雪がつもってるかな~?^^

(文・写真:ちほっち)


広島を盛り上げるヒト・モノ・コトがいっぱい!
広島ブログ

全国で活動中の自主保育グループに出逢えます。
にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : https://mametokko.exblog.jp/tb/17683626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mametokko | 2012-01-25 23:52 | *2014年度まで | Trackback | Comments(0)

広島市安佐南区・西区の森や畑がまるごと園舎!共同保育の森のようちえんです。園児・スタッフ募集中!


by mametokko